授乳時だけでない、シートベルト&チャイルドシートの着用免除されるのはどんなとき?

●シートベルト着用義務とは?

道路を走っていて「あれ? あのクルマの人、シートベルトしてないの大丈夫かな」って思うことはないでしょうか? 全席シートベルトの着用が義務化された現在、未着用なんてもってのほか! と思ってしまうところではありますが、シートベルトを着用しなくてもよい場合があるのを知っていますか?

シートベルトは、1992年(平成4年)11月1日から運転席・助手席の義務化に始まり、2008年(平成20年)6月1日からは後部座席でも着用が義務付けられています。

しかし、このシートベルト、着用免除される場合もあるのです。

道路交通法施行令第26条の3の2に「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」という項目があります。運転者、同乗者、幼児用補助装置(チャイルドシート)について、細かく定義されています。

免除されているケースが多岐に渡るので、ざっくり分類してリスト化してみます。

『交通安全』の最新記事

警察官が車両を運転するとき「シートベルトをしない」意外な理由とは?
大津市大萱6交差点の幼児と保育士が死傷した事故は防げなかったのか?【AJAJ菰田潔会長による検証】
走行中の車線変更、車両通行帯が白破線だと変更可・黄色線は不可。では白実線は?【今さら聞けない交通ルール】
黄色い実線のセンターラインでも追い越しができる場合があるってホント?【今さら聞けない交通ルール】
右折レーンはいつでもUターンしていいの?【今さら聞けない交通ルール】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事