大坂なおみは全米オープンで4億2000万円、佐藤琢磨がインディ500で2億7000万円、マツダ・グローバルMX-5カップの2200万円は意外と高い!?【人気ワンメイクレースのお金に関するetc.】

今年9月の全米オープンテニスの女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手が獲得した賞金は4億2000万円(!)。モータースポーツの世界では、2017年にインディ500を制した佐藤琢磨が2億7000万円を手にしました。テニスとモータースポーツという、ふたつの伝統的な大会で「日本人初制覇」という偉業で歴史を塗り替えたことで大きなニュースとなりました。

歴史がある大会なので、賞金が多いのも当然ですよね! そして、世界の強豪を相手に熱戦を勝ち抜き、われわれに感動をくれたのだから!!

改めて金額を見ると、まさに「アメリカンドリーム」。やっぱりアメリカはスケールが大きい! ……ということで、本稿の主題である「マツダ・グローバルMX-5カップ」の魅力を、コストパフォーマンスという視点で検証したいと思います。

マツダ・グローバルMX-5カップは、アメリカと日本を舞台にマツダが展開している画期的なレースプログラム。米国ロングロードレーシング社が製作したMX-5(日本名=ロードスター)ベースの世界統一仕様のカップカーを用意し、世界共通のルールで争われる究極のワンメイクレースで、今シーズンもステップアップカテゴリーとしてアメリカと日本で激しいバトルが繰り広げられています。

では、マツダ・グローバルMX-5カップの人気の秘密はどこにあるでしょうか? これはレースに参加している人に直接聞くのが早い! ということで、米国シリーズに参戦するレーサー鹿島氏に、マツダ・グローバルMX-5カップの魅力を聞いてみました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事