室屋選手は3位を獲得も、決勝初戦は強敵との対決に。予選は好調グーリアンが制す【レッドブル・エアレース2018 千葉】

薄曇りの空の下、千葉市幕張海浜公園沖 特設レーストラックでレッドブル・エアレース2018 第3戦 千葉大会の予選が5月26日(土) 16:00より行われた。

予選の飛行は今年のランキング下位から2回続けて実施する。同日行われたFP2,3に続いてのスケジュールだが、プラクティス中に起きなかったペナルティが頻出、波乱の予選となった。

3番手ピート・マクロード選手が記録した56.699は9番手のカービー・チャンブリス選手が56.058を記録するまで首位を守った。以降の室屋選手を含めた残りの選手も0.4秒と大きく引き離され、皆上回れないかとも思えた。

しかし、マイケル・グーリアン選手は2回目の飛行で55.242という圧巻のタイムを叩き出し「今日は勝つよ」との宣言通り、予選トップを奪った。

【第3戦予選結果】
1 マイケル・グーリアン 55.424
2 カービー・チャンブリス 56.058
3 室屋 義秀 56.403
4 マティアス・ドルダラー 56.425
5 ピート・マクロード 56.699
6 ファン・ベラルデ 56.840
7 ミカ・ブラジョー 56.926
8 ペトル・コプシュテイン 56.980
9 マルティン・ソンカ 57.005
10 クリスチャン・ボルトン 57.176
11 ニコラ・イワノフ 57.348
12 マット・ホール 57.459
13 フランソワ・ル・ボット 58.972(+2Sec)
14 ベン・マーフィー 59.716(+2sec)

『レッドブル・エアレース』の最新記事
ジャパン・レーサーズ・スクワッド
日本のトップ選手は時間にきっちり?それともルーズ? ブライトリング「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」初イベント開催
表彰台
目まぐるしく変わるトップ争い。室屋はこうやって勝利した!【レッドブル・エアレース千葉2019/後編】
刻々と変わる風。幕張の空でパイロットたちはどう戦ったのか?【レッドブル・エアレース千葉2019/前編】
Red Bull Air Race World Championship
住友ゴム工業がFALKENブランドで「Red Bull Air Race Chiba 2019」に協賛、ブースを出展
【レッドブルエアレース2019】速報、日本の室屋選手が優勝! 予選トップからの完全勝利!!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事