住友ゴム工業がFALKENブランドで「Red Bull Air Race Chiba 2019」に協賛、ブースを出展

●最後のレッドブル・エアレースとなる「Red Bull Air Race Chiba 2019」にFALKENがブースを出展

住友ゴム工業は、2019年9月7日、8日に千葉県立幕張海浜公園で開催される「Red Bull Air Race Chiba 2019」にFALKENブランドで協賛し、会場内にFALKENブースを出展すると発表しました。

FALKENブース
「Red Bull Air Race Chiba 2019」のナショナルパートナーとしてFALKENブランドで協賛する

「Red Bull Air Race World Championship」とは、パイロットが高速で機動性に優れたレース用飛行機を操縦してスピード、スキル、正確性を競う空中のモータースポーツ。14名のマスタークラスのパイロットは、地上や水面からわずか数メートルの高さで、最高時速370㎞に達するスピードと12Gに及ぶ重力加速度に耐えながら飛行します。

同レースは、2003年に開始されたFAI(国際航空連盟)公認の飛行機レースであり、これまでに全世界で90レース以上開催されています。なお、「Red Bull Air Race World Championship」は、2019年シーズン限りで終了になります。

Red Bull Air Race World Championship
Red Bull Air Race World Championshipの様子

住友ゴム工業は、「Red Bull Air Race World Championship 2019」のシリーズ最終戦となる第4戦「Red Bull Air Race Chiba 2019」のナショナルパートナーとしてFALKENブランドで協賛し、会場内にFALKENブースが出展されます。

室屋義秀選手
室屋義秀選手を応援するメッセージボードの設置、室屋選手が操縦する機体の模型も展示される

同ブースでは、最新ラインアップのタイヤを装着したFALKENのデモカーをはじめ、「Team FALKEN」としてアジア人で唯一マスタークラスに参戦する室屋義秀選手を応援するメッセージボードの設置、室屋選手が操縦する機体の模型が展示されます。

【Red Bull Air Race Chiba 2019概要】
予選:9月7日(土)
決勝:9月8日(日)
会場:千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区)

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。