【中古車】VWの人気モデル、ポロ・ゴルフ・パサートの中古車は上級グレード狙い目!

2018年3月20日、8年振りにフォルクスワーゲン・ポロがフルモデルチェンジを行いました。フォルクスワーゲンはポロのフルモデルチェンジをはじめ、2017年10月にピュアEV(電気自動車)を基幹モデルのゴルフに追加。さらに、2018年2月にはパサートに新世代の2Lディーゼルターボエンジン搭載車を追加するなどニューモデル攻勢を強めています。

新型車にスイッチするフルモデルチェンジやマイナーチェンジなどを行われると、活発な動きを見せるのが中古車市場です。今回はトピックスのあったVWポロ、ゴルフ、パサートの3車種の中古車市場の動きを紹介しましょう。

まずは、フルモデルチェンジを行い、世代交代を行ったコンパクトカーのポロです。新型ポロはVWのモジューラー戦略である「MQB」を採用したコンパクトカーとなり、先代モデルに比べて、全長、全幅は+65mmと拡大され、シリーズ初の3ナンバーボディとなりました。

キャビンスペース、特にリアシートの快適性とラゲージルームの容量が先代モデルより+71Lの351Lと大幅に向上しているのはメリットですが、全幅1750mmの3ナンバーサイズとなったことは意見が分かれそうです。

先代ポロは2009年に登場し、現在中古車の流通台数は約770台と豊富です。直近3カ月の先代ポロの平均価格の推移は115万円から112万円に値落ちしています。この3カ月の間に年式が1年古くなったことが値落ちの大きな要因に挙げられます。

一見すると、フルモデルチェンジの影響はまだないように見えますが、そうではありません。アダプティブクルーズコントロール(ACC)をはじめとした先進運転支援システムを設定した2014年式以降の高年式車が大幅な値落ちを示しているのです。

中でも2015年式は3カ月間で平均価格は16万円の値落ちを記録し、現在も値落ちが続いています。ACCなどの先進安全装備が装着されているグレードのハイラインやコンフォートラインアップグレードパッケージならば、運転支援システムに関して古さは感じません。

価格帯はコンフォートラインアップグレードパッケージならば80万~189万円。ハイラインならば98万~211万円となっています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事