中まで丸見え! VW次世代バス「T7」、PHEVプロトをスクープ

■T6後継モデル、最新のインフォテインメントシステム搭載し電動化

VWのマルチバン「T6」(トランスポーター6)の後継モデルとなる「T7」最新プロトタイプ2台をカメラが捉えるとともに、そのコックピットの撮影に初めて成功しました。

VW T7_015
VW T7 市販型プロトタイプ

Tシリーズは1950年に誕生した伝統のマルチバンです。1967年に「T2」、1979年に「T3」、1990年に「T4」、2003年には「T5」と進化を続け、現在のT6に至っています。

2019年初頭には「T6.1」へ改良されていますが、いよいよ次世代モデルへバトンタッチされます。

VW T7_008
VW T7 市販型プロトタイプ

次世代型ではVWグループ「MQB」プラットフォームを採用、48Vマイルドハイブリッドテクノロジーはもちろん、最新のインフォテインメントシステムを簡単に利用できます。

捉えたプロトタイプは、ヘッドライトにダミーのステッカーを貼っていますが、T6よりわずかに低く長いボディ、Aピラーに組み込まれた三角窓、コンパクトなテールライトなどが確認できます。また後部のハイブリッドを示す黄色いステッカー、右フェンダー上部の充電口からもPHEVモデルとみられます。

キャビン内では、ダッシュボードの中央にインフォテイメントシステム、その横にはデジタルインストルメントクラスタが配置されているなど、「ゴルフ8」のコックピットに酷似したレイアウトが確認できます。

VW T7_012
VW T7 市販型プロトタイプ

デジタルダッシュボードをよく見ると、ハッチバックらしき車が映っていることに気づきます。これはラップトップに接続されていることやT7の一部の電子システムの測定と調整に関連しています。

PHEVモデルでは、ゴルフ「GTE」と共有する1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジン+電気モーターが予想されます。そのほかでは、ガソリン、ディーゼル、マイルドハイブリッドなどのラインアップが濃厚です。

T7市販型のデビューは、2021年内となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
クプラ フォーメンターVZ_003
中身はアウディRSQ3。クプラの強力クーペSUV「フォーメンターVZ」のプロトタイプをキャッチ
マクラーレン 新型モデル ティザーイメージ
マクラーレン次世代V6ハイブリッドカー、市販型は「アルトゥーラ」に確定。2021年前半デビューへ
スバル BRZ STI
これを待っていた! 新型スバルBRZ、高性能モデル「STI」の発売は!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事