ここまで違うの!? パイオニア「カロッツェリアサウンドエクスペリエンスカー」でカーオーディオを聞き比べ!

みなさん、クルマの中で音楽を聞いていますか?  私は普段から音楽を聞くことが大好きなので、クルマに乗るときは必ず音楽を流します。

普段、移動中は自分の好みにあったイヤホンや、お家の中では選んで買ったオーディオシステムを使用していますが、愛車は純正のもの。クルマで聞く音楽も良い音で楽しみたいなと思っていた矢先、「パイオニアに音の聞き比べができるスペシャルカーがある」というお話を聞き、さっそく体感しに行ってきました!


今年で創業80周年を迎えたパイオニアといえばカーナビ、カーAVのイメージが強いと思いますが、実はスピーカー製作が原点。なので「音へのこだわり」は、とても強いのだそうです。

国内初のダイナミックスピーカー「パイオニア A8」(1937年)

そんなパイオニアが作成したのが、移動式試聴室「カロッツェリアサウンドエクスペリエンスカー」。トヨタハイエーススーパーハイルーフの中に純正カースピーカーとパイオニアから販売されているスピーカーが設置されており、同じ環境下で音の変化を体感することができるのです。

サウンドエクスペリエンスカーで聴き比べるのは、自動車メーカーの純正スピーカーと、カロッツェリアのセパレートスピーカー「TS-C1730S」(32000円/税別)。そして、超低音域のみを担当して再生するサブウーファー「TS-WX70DA」(39000円/税別)の有り、無しを比較できます。それらのスピーカー類を鳴らすのは、音質にこだわったカーナビ、カロッツェリア・サイバーナビ「AVIC-CZ901」です。

では早速、クルマに乗り込んでみましょう!

中に入って驚いたのが、車内の作り。壁は大きな音を出しても車外に漏れないよう防音素材でできており、車内のあらゆる所に凹凸のある木の板が貼り付けられていました。

防音素材は分かるけれど、なぜ凸凹のある木の板が貼り付けられているのでしょうか? インテリアとは少し違うような気がするし・・・。気になったのでお話しを伺ってみると「試聴室は普通の部屋とは違い、音の反射や吸収などを考慮して作られています。なので壁をアンバランスにさせ音を乱反射させることで、音の反響を防ぐことができ、製品の性格がよくわかるようになっているんです」とのことでした。

確かに音楽スタジオなどに行くと、壁は平面でなく凹凸のあるところがほとんどですよね。納得です!

まずは純正のスピーカ-を聞いてみます。試聴用のイスがスピーカーの真ん中、音が一番キレイに聞こえるように人に対して正面に置かれているため、ドアに埋め込まれた普通の車内で聞く音よりはバランスが取れて良く聞こえます。でもやっぱり輪郭のない、緞帳(どんちょう)を下したステージでの演奏を聞いているようなモヤっとした音です。

次にTS-C1730Sに切り替えてもらいます。すると、先程まで下がっていた緞帳が上がったかのように、目の前に音がパァっと広がったではありませんか! 音の輪郭もはっきりと聞こえます。

さらにサブウーファーも鳴らしてもらいます。すると、足元から身体の芯を伝って音が響いてきました!

純正のスピーカーは低音域~高音域まで全て1つのユニットから音が出ていましたが、TS-C1730S+TS-WX70DAと切り替えることにより、ツイーター、ウーファー、サブウーファー3つのユニットから適した音域が出てくるように。そのため音の幅が一気に広がり、今まで曖昧に聞こえていた楽器の音がそれぞれはっきりと聞こえるようになりました。

『パイオニア』の最新記事
2019冬パイオニア発表会
パイオニアのカロッツェリア「サイバーナビ」がフルモデルチェンジ! 独自の通信サービス「docomo in Car Connect」に対応【2019冬カロッツェリア新商品発表会】
カロッツェリア「FH-8500DVS」
これでお悩み解決! スマホ時代の車内エンターテインメント・アイテム選びの決定版(PR)
パイオニア
2019年10月2日にパイオニアから驚き満載の新製品が発表!? ベルサール秋葉原で登録不要・入場料無料の新製品発表会を開催
スマートフォン感覚で使いやすい! パイオニア・カロッツェリア史上最高の高画質「楽ナビ」で、秩父三峯神社の御朱印を貰いに行ってきた(PR)
ワイヤレス充電Qiと電動オートホールドを備えた高性能スマホ・ホルダーがパイオニアから登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事