【ジュネーブモーターショー2018】ルノーが自動運転機能を備えたライドシェアリングEV「EZ-GOコンセプト」を公開

ルノーがジュネーブモーターショー2018で、都市部でのライドシェアリングを目的としたコネクティッドEV「EZ-GOコンセプト」を公開しました。

「レベル4」の自動運転機能を備えており、6人乗りの車内にはステアリングホイールやペダル類は無く、車両が前走車との距離を検知、ドライバーに代わって停車や車線変更などを行います。

最高速度は50km/hに制限されており、ラウンジ風の車内は広大なガラスエリアで開放感を演出。ユーザーフレンドリーの観点でシートが「U字型」に配置されており、ドアの前にある大画面には移動に必要な情報が表示されます。

乗降時には車両前部のハッチが大きく開き、車椅子やベビーカー用のスロープが出現。

スマホのアプリ等で乗車予約が可能で、乗客はバス感覚で目的地まで移動することができます。

ルノーでは「EZ-GOコンセプト」を2022年までに実用化する計画になっているそうです。

Avanti Yasunori・画像:RENAULT)

【関連記事】

アストン・マーティンの高級モデル「ラゴンダ」がEVとなって復活
https://clicccar.com/2018/03/13/567818/

「リマック(Rimac)」が自動運転機能搭載のスーパーEVスポーツを発表
https://clicccar.com/2018/03/12/567628/

次期「スープラ」は全長が短縮される? ショーモデルから量産仕様を占う
https://clicccar.com/2018/03/08/566508/

19の先進運転支援システムを採用した3代目「ベルランゴ」をシトロエンが出展
https://clicccar.com/2018/02/27/563535/

2017年の自動車世界販売で日産・ルノー連合が初の2位に!
https://clicccar.com/2018/02/05/556465/

【関連リンク】

ルノーグループ
https://group.renault.com/