【ジュネーブモーターショー2018】次期「スープラ」は全長が短縮される? ショーモデルから量産仕様を占う

トヨタ自動車が「2000GT」などと並び、長らくフラッグシップスポーツとして親しまれて来た「スープラ」の生産を終えたのが2002年。同社は今回、16年ぶりに次期モデルを予感させる「GR Supra Racing Concept」をジュネーブモーターショーに出展しました。

「もっといいクルマづくり」の取り組みのもと、欧州のモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発を担当。伝統的なロングノーズ&ショートデッキフォルムを纏った「FR」 (フロントエンジン・リヤドライブ)2ドアクーペとなっています。

「スープラ」は、四半世紀にわたり世界中のファンから愛され続け、モータースポーツの世界でもル・マン24時間レースに参戦するなど、確かな足跡を残しました。

今回出展されたのはレース参戦を示唆したコンセプトカーですが、6眼ヘッドランプやダックテール・スタイルのトランクリッド、テールランプなどに市販モデルの姿が窺えます。

量産モデルの参考となるホイールベースが2,470mmと先代モデルよりも80mm短縮されていることから、コーナリング性能の向上などを目的に全長も先代の4,520mmから短縮される可能性が高そうです。

いずれにしても、現時点では内外装やエンジン、サスペンション等に関する情報が明かされておらず、今後の正式発表が待たれます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

新型トヨタ・スープラが走った!スノードリフトも披露!
https://clicccar.com/2018/03/06/565720/

「GRスーパースポーツコンセプト」の次はジュネーブショーでの次期「スープラ」公開?
https://clicccar.com/2018/02/18/560422/

【ジュネーブショー18】次期トヨタ「スープラ」のLM-GTE仕様車が登場?
https://clicccar.com/2018/02/14/559140/

「GRスーパースポーツコンセプト」は2020年に市販前提の超高性能PHV?
https://clicccar.com/2018/01/04/545712/

次期スープラは DCT搭載の「スポーツ PHV」で登場か?
https://clicccar.com/2016/07/11/385052/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事