ポルシェ・マカン、初の大刷新へ!これがディテールだ

ポルシェのコンパクト・クローバーSUV「マカン」に、初のフェイスリフトが行われます。これまでのフェイクではなく、市販型パーツを身に着けたプロトタイプをスクープしました。

さらにコックピットも撮影に成功しました。現行モデルより拡張された、12.3インチディスプレイの新インフォテイメントシステムを装備します。これにより、エアコン吹き出し口は下部へ移動されます。また「ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント・システム」により、Apple CarPlayやAndroid Autoの利用も可能となるでしょう。

開発車両に接近すると、バンパー形状、シングルバー備えるエアインテーク、ボンネットの一部、インジケーター、リアディフューザー、LEDストリップが左右を繋ぐテールライトのグラフィックなどが新しくされているようです。また『パナメーラ』新型と共有するヘッドライト、X型「LEDポルシェ・ダイナミック・ライトシステム」も装備しています。スタイリッシュなデザインで、優れた照度を誇るライトがつねにロードを最適に照射するシステムです。

パワートレインも刷新されます。現行モデルの3リットルと3.6リットルエンジンによるラインアップは、新たに3リットルと2.9リットルターボに刷新。パナメーラから流用される3リットルエンジンは最高出力350psとなり、パナメーラ4Sの2.9リットルターボエンジンは最高出力440psが予想されています。

さらにトップに君臨する「ターボ パフォーマンス」は、ライバルのメルセデス『AMG GLC63』の510psに対抗するため、現行の440psから500ps程度にブーストアップされる可能性もあるようです。

ワールドプレミアは2018年前半と見られ、遅れてPHEVモデルも期待されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

名車「ディーノ」が復活か!? フェラーリのV6ハイブリッド開発車両をスクープ
アウディ・Q4のハイパフォーマンスモデル「RS」を初キャッチ。420馬力のガソリンエンジンを搭載
年内にも初公開? BMW・M8ファミリーの第3弾、630馬力の「グランクーペ」をキャッチ
フォルクスワーゲンの次世代EV第1弾の名称は「ネオ」!?
スピードテールは「F1」後継ではなかった!? ゴードン・マレー氏がV12搭載モデルを開発中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事