【ジュネーブモーターショー2018】 「リマック(Rimac)」が自動運転機能搭載のスーパーEVスポーツを発表

クロアチアのEVメーカー「Rimac Automobili」(リマック・アウトモビリ)がジュネーブ・モーターショーで新型「Concept Two」を公開しました。

車体に軽量・高剛性なカーボンファイバー材を使用しており、最高出力1,900hpを発生。0‐100km/h加速1.85秒、最高速度が約415km/hに達する高性能モデルとなっています。

4輪の回転数を個別に最適制御するトルクステアリングにより、狙いどおりのコーナリングを可能にしており「ドリフトモード」では周到なトラクション・コントロールにより、容易にドリフト態勢に持ち込める模様。

カメラ8個、レーダー6個、超音波センサーを12個搭載することで、レベル4の「高度自動運転」を実現。

生産予定台数が150台とのことなので、「Concept Two」は間違い無く希少性の高いマシンになりそうです。

Avanti Yasunori・画像:Rimac Automobili)

【関連記事】

今冬発売予定のレクサス「UX」は都会派のコンパクト・クロスオーバーモデル
https://clicccar.com/2018/03/09/566801/

次期「スープラ」は全長が短縮される? ショーモデルから量産仕様を占う
https://clicccar.com/2018/03/08/566508/

トヨタ自動車が3代目「オーリス」をワールドプレミア!2種類のハイブリッドをラインナップ
https://clicccar.com/2018/03/06/566141/

19の先進運転支援システムを採用した3代目「ベルランゴ」をシトロエンが出展
https://clicccar.com/2018/02/27/563535/

BMWが運転支援機能充実の新型「X4」を公開へ
https://clicccar.com/2018/02/26/563179/

【関連リンク】

Rimac Automobili
http://www.rimac-automobili.com/en/supercars/c_two/

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事