【ジュネーブモーターショー2018】ついにスープラが復活!まずはレーシングモデルとしてお披露目

以前から噂されていたスープラが「GR Supra Racing Concept」というレーシングコンセプトで世界初公開されました。

市販版の新型スープラは、新型BMW Z4と主要コンポーネントを共有すると予想されていて、トヨタとBMWの共同開発という前提であるものの、SUBARU BRZとトヨタ86の関係性のように、BMWが開発を主導しているのでは? と見る向きも多いようです。果たして実際のところはどうなのか気になりますが、それはもう少し待つ必要がありそう。

現在のトヨタには、SUBARUの工場で生産されているトヨタ86があります。しかし、ピュアスポーツカーといえば、2002年に生産を終えた2代目スープラ以降、本格スポーツカーはレクサスLFAという別格の存在をのぞき、ほぼ途絶えた状態でした。

今回初公開された「GR Supra Racing Concept」は、「スープラ」を16年ぶりにレーシングカーとして蘇らせたコンセプトモデルという位置づけ。ボディサイズは、全長4575×全幅2048×全高1230mmで、ホイールベースは2470mm、タイヤサイズはフロントが30/68-18、リヤが31/71-18。