【新車】フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・バリアントTDI」が日本導入

フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・ヴァリアントTDI」が日本導入されました。

フォルクスワーゲンのディーゼルエンジンは、かつて1977年のゴルフから導入され、パサートなど98年まで日本市場に投入されていましたが、日本での急激なディーゼル排ガス規制の影響により、20年ぶりに正規導入となったわけです。

すでに他国では展開されていたパサートのディーゼルエンジンモデルですが、日本の排ガス規制に対応すべく準備していた矢先、米国でのコンピュータプログラム不正問題が発覚、販売面にも影響を受け、ディーゼルの導入どころではなくなっていたところです。

その問題も落ち着き、技術的にも問題なくディーゼル導入の機が熟したといったところでしょう。今回を迎えたわけです。

導入されるボディタイプは、セダンのパサートとステーションワゴンのパサート・ヴァリアント。搭載されるエンジンは最高出力140kW、最大トルク400Nmを発生する2リッターターボディーゼルエンジンで、コモンレール式燃料噴射システム、ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)、アドブルーを用いるSCR(選択触媒還元)システム、EGR(排気再循環)システムなどをフルに用いてNOxやPMを低減させ、クリーンな排気とJC08モード燃費は20.6km/Lを実現したといいます。

最新の予防安全技術、トラフィックアシストなども用意し、全車6速DSG搭載で、価格はパサートTDIエレガンスラインの422万9000から、パサート・ヴァリアントTDIハイラインの509万9000円までとなっています。

そのパサートTDI導入を記念したイベントが虎ノ門ヒルズで開催されました。

そのため招かれたのは、新規に購入したという一般のかた代表で、東京都中野区在住の島津さんご夫婦。

島津さんは2年前に先代モデルのパサートから、現行モデルのパサートTSIガソリン車に買い替え、4万kmほどを走行したところで、今度は島津さんにとって3代目となるディーゼルエンジンのパサートTDIを購入に至ったとのこと。

普段からドライブが趣味で、現所有パサートで北海道に2回、九州に1回も渡ったほど。

現在でも無給油で1000kmも走れる長い足がさらに伸び、さらにランニングコストも提言すると期待しているそうです。

私もパサートでやや長距離を走ったことがありますが、その疲れなさには驚くほどでした。ディーゼルは一般に、ガソリンと比べると燃費が2割良く、燃料代が2割安いと言われ、ランニングコストでは35〜40%ほど提言できるといいます。まさに、パサートTDIはロングドライブには最適なパートナーとなる一台であることに間違いなさそうです。

(clicccar編集長 小林 和久)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

【クルマのミライ】新型VW・ポロの3気筒ターボは、軽乗用車の評価に影響する?
フォルクスワーゲンが「EVシフト」を加速!? 2022年までに世界16カ所でEVを生産へ
【新型フォルクスワーゲン・ポロ試乗】3気筒1.0Lにダウンサイジングされた新型の走りは十分か?
【新型フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン試乗】ゴルフ不要論が浮上しそうなほどに進化を遂げた6代目
VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事