【新車】ついにフォルクスワーゲンからディーゼルエンジン仕様が上陸。パサート、パサートヴァリアントのディーゼル仕様は4,229,000円〜

1977年から98年まで日本でもディーゼルエンジン車が発売されていたフォルクスワーゲン(VW)。かねてからアナウンスされていたとおり、VWのディーゼルエンジン車が日本に上陸しました。

ディーゼルエンジン車の不正問題に揺れたフォルクスワーゲンは「EVシフト」に拍車を掛けたという見方もあり、電動車両へのシフトも同社が進めています。一方で、日本でのクリーンディーゼルエンジン車の認知度は年々高まっています。

パサート、パサートヴァリアントに設定される2.0Lのディーゼルターボエンジン「TDI」は、「MQB2」に基づいて開発された新世代のディーゼルエンジンシリーズ「MDB(モジュラーディーゼルエンジンシステム)」の基幹ユニットという位置づけ。

最高出力は140kW(190ps)、最大トルクは400Nm。JC08モード燃費は、20.6km/L。気になる排ガス処理は、酸化触媒、SCR(選択触媒還元)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを搭載することで、日本のポスト新長期排ガス規制に適合しています。

また「TDI」に搭載されているターボチャージャーには、可動式ガイドベーン(排ガスの流れを制御する可変機構)を採用。ターボチャージャーのタービン側に装着したガイドベーンをエンジン回転数に応じて制御することで、過給効率を上げて、効率の良い最適な過給圧が得られるようになったとしています。

技術面では、上記のほか、もちろんコモンレール式燃料噴射システムが採用されているのをはじめ、EGR(排気再循環)システムなどを搭載。価格は「Passat TDI Eleganceline」が4,229,000円、「Passat TDI Highline」が4,899,000円、「Passat Variant TDI Eleganceline」が4,429,000円、「Passat Variant TDI Highline」が5,099,000円です。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

【クルマのミライ】新型VW・ポロの3気筒ターボは、軽乗用車の評価に影響する?
フォルクスワーゲンが「EVシフト」を加速!? 2022年までに世界16カ所でEVを生産へ
【新型フォルクスワーゲン・ポロ試乗】3気筒1.0Lにダウンサイジングされた新型の走りは十分か?
【新型フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン試乗】ゴルフ不要論が浮上しそうなほどに進化を遂げた6代目
VWグループが電動化戦略「e-モビリティ」を加速。2025年にEV比率25%へ