【東京オートサロン2018】次の市販モデルを決めるのはあなた! ダイハツブースでは人気投票を実施中

み、見えない……。

東京オートサロン2018のダイハツブースでひときわ多くの観客で賑わっているのは、ショー開幕と同時の1月12日に発売となった『ブーン スポルト パッケージ』です。

横にはその大先輩である『シャレード・デ・トマソ』(1984年誕生のモデル)も並んでおり、現場はカメラやスマホで撮る人が絶えません。このため取材班も写真確保にはひと苦労でした。

ダイハツブースは今回、展示エリアを3ブロックに分けてテーマ別の展示をしています。

ブーン スポルト パッケージの展示されるエリアは『スポーツ』カテゴリー。

ダイハツ・スポーツのテーマカラーである赤&黒&金ホイールで統一された『トール スポルザバージョン』と『ミラ イース スポルザバージョン』、『コペンレーシングコンセプト』が並んでいます。

『プレミアム』カテゴリーでは『トール プレミアムバージョン』に『ムーヴ キャンバス プレミアムバージョン』、そして『タント プレミアムバージョン』が白を基調に、ブラックとクロームを効果的に配した大人スタイルで鎮座しています。

『アクティブ』エリアに展示されるモデルは自然をイメージさせるブルー系でまとめられました。『ブーン アクティブ バージョン』、『ハイゼット トラック ジャンボ アクティブバージョン』と『ハイゼット カーゴ デッキバン アクティブバージョン』の3台はどれも新鮮なカスタマイズで必見です。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事