【東京オートサロン2018】セクシーダンサーも登場? 乱入? 大型トラックにライブペインティングする日野ブース

東京オートサロン2018のブースの中で、巨大さが目を引く日野のブース。

巨大なトラックのパネルに3人のアーティストが会期中に絵画を仕上げる、というライブペインティングが行われています。

特別招待日である12日だけでもかなりの進行具合。これは見ているだけでもかなり楽しい!

順調に進行するライブペイントの現場に、突如セクシーなダンサーが登場。

クネクネと踊りながらアーティストを誘惑しているようす。しかしアーティストは黙々と絵を描き続けていきます。ダンサーは時にアーティストの筆を横取り、その筆でアーティストのツナギにイタズラ書きをしますが、それでも彼らは黙々と書き続けていきます。このコントラストが本当に面白い。

 

ダンサーに邪魔をされながらも描き続けるアーティスト。果たしてイラストは完成するのでしょうか。

ブース壁面の「The constructive wall」では、トラックの活躍する現場を内照式のカラーコーンを使って光の演出で表現しています。レインボーに輝くカラーコーンのアーティスティックな壁も大迫力!

そしてライブペインティングされている新型「日野プロフィア」や新型「日野レンジャー」にも乗車体験が可能。そんな、ちょっと気になる日野ブースは、東京オートサロン2018、東8ホールの奥にあります。

(松永和浩)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事