【東京オートサロン2018】80周年を迎えたパイオニアブースでは「カロッツェリア」の最新エンタメを実感できる

今年で80周年を迎えたパイオニアのブースでは、「カロッツェリア」ブランドのカーエンターテインメントの世界が堪能できます。「サイバーナビ」を象徴するデモカーとして、お馴染みのアウディR8がブース中央に配置されています。

さらに、今回の東京オートサロンのために製作されたSUBARUレヴォーグにも注目です。

新しいデモカーであるレヴォーグでは「ハイレゾ」視聴が可能。こちらは「AVIC-CL901」をヘッドに、カロッツェリアxシリーズのパワーアンプの「RS-A09x」を3台搭載し、ツィーターとウーファーの「TS-Z1000RS」、「TS-W1000RS」スピーカーで構成されています。

『パイオニア』の最新記事

電動ホールド機能やワイヤレス充電規格「Qi」に対応。パイオニアが車載用スマートフォンクレイドル「SDA-SC500」を発表
スマートフォンとのリンクを強化。パイオニアから「スマートフォンリンク」対応モデルなどのメインユニットが発売
純正スピーカーの音質を手軽に向上できるハイレゾ音源再生に対応したカロッツェリアのチューンアップトゥイーターが発売
パイオニアからマツダ車専用を含むコンパクトなデジタルプロセッサー2モデルが登場
パイオニアがフルHD録画対応と専用偏光フィルターを搭載したドライブレコーダー5機種を発売

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事