【東京オートサロン2018】80周年を迎えたパイオニアブースでは「カロッツェリア」の最新エンタメを実感できる

今年で80周年を迎えたパイオニアのブースでは、「カロッツェリア」ブランドのカーエンターテインメントの世界が堪能できます。「サイバーナビ」を象徴するデモカーとして、お馴染みのアウディR8がブース中央に配置されています。

さらに、今回の東京オートサロンのために製作されたSUBARUレヴォーグにも注目です。

新しいデモカーであるレヴォーグでは「ハイレゾ」視聴が可能。こちらは「AVIC-CL901」をヘッドに、カロッツェリアxシリーズのパワーアンプの「RS-A09x」を3台搭載し、ツィーターとウーファーの「TS-Z1000RS」、「TS-W1000RS」スピーカーで構成されています。

『パイオニア』の最新記事

カロッツェリア「サイバーナビXシリーズ」の冷却ファン固定ネジが2つに増えたこだわりから見えるものは?
車内がまるでコンサートホールに!? パイオニア カロッツェリア「高音質試聴デモカー」でチューニングの大切さを体感しました!
ここまで違うの!? パイオニア「カロッツェリアサウンドエクスペリエンスカー」でカーオーディオを聞き比べ!
【東京オートサロン2018】「道は星に聞く」のCMはもう四半世紀前だったことを思い出したパイオニアのブース
【東京オートサロン2018】カロッツェリアブースでは「ハイレゾ」視聴BOXやVR体験などで車室内の楽しみ方を提案

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事