【東京オートサロン2018】クラッシュ寸止めの走りに大興奮! D1 Kick Off Driftで凄技を披露

ドリフト走行のかっこよさを競うD1 GP。2018年シーズン開幕に先駆け、幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2018」でD1 Kick Off Driftが開催されました。

冷たい風が吹く屋外イベント会場には、たくさんの人! D1 GPの人気の高さがうかがえます。グランプリでは技術の正確さを競う単走、1対1の勝ち抜きトーナメント戦の追走が行われますが、今回はKick Off Driftということでユニークなプログラムがたくさんありました。

ドリフトしながらコーンについている風船を割ったり、追走で相手のマシンについている風船を割ったりと、クラッシュさせない寸止めな走りに大興奮! また、4台揃って追走するカルテットの息がピタっとあった動きは、まるでマシン達がダンスをしているようでした。

 

そして中でも圧巻だったのが、8台揃っての追走でした。走行が始まった途端、タイヤスモークで一面真っ白に! もう、何も見えません(笑)。そんな中でも接触することなく、ドリフトをし続けるドライバー達の技術には感動しました。

 

『D1GP』の最新記事

SHIBUYA109前がドリフト色に染まった日。FIA IDC Tokyo Drift2018が渋谷をジャック!
あのD1ドライバー川畑真人がローソン1日店長に! からあげクンで握手もできる!!
日露決戦、ロシアが初優勝! 決勝戦はまさかの展開で日本のD1GP代表選手敗退【2018 ASIA PACIFIC D1 PRIMRING GRAND PRIX】
【2018 ASIA PACIFIC D1 PRIMRING GRAND PRIX】新たな競技誕生の瞬間! ロシアと日本のドリフト対決始まる
【塚本奈々美のD1チャイナレポート】好成績に貢献。日比野選手のスポッターを務めた第2戦・杭州戦

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事