【東京オートサロン2018】クラッシュ寸止めの走りに大興奮! D1 Kick Off Driftで凄技を披露

ドリフト走行のかっこよさを競うD1 GP。2018年シーズン開幕に先駆け、幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2018」でD1 Kick Off Driftが開催されました。

冷たい風が吹く屋外イベント会場には、たくさんの人! D1 GPの人気の高さがうかがえます。グランプリでは技術の正確さを競う単走、1対1の勝ち抜きトーナメント戦の追走が行われますが、今回はKick Off Driftということでユニークなプログラムがたくさんありました。

ドリフトしながらコーンについている風船を割ったり、追走で相手のマシンについている風船を割ったりと、クラッシュさせない寸止めな走りに大興奮! また、4台揃って追走するカルテットの息がピタっとあった動きは、まるでマシン達がダンスをしているようでした。

 

そして中でも圧巻だったのが、8台揃っての追走でした。走行が始まった途端、タイヤスモークで一面真っ白に! もう、何も見えません(笑)。そんな中でも接触することなく、ドリフトをし続けるドライバー達の技術には感動しました。

 

『D1GP』の最新記事
TSUKUBA DRIFT 2020_001
いよいよ最終決戦!D1GP2020最終戦が1月30日~31日に開催決定!【D1GP 2020】
エビス西コースでのGRスープラ
Team TOYO TIRES DRIFTは、藤野選手と川畑選手がチャンピオンの可能性を残す【D1GP】
D1GP第6戦小橋選手のチェック走行
データと動画をフル活用! これが現代のドリフト機械審査攻略法だ【D1GP第6戦EBISU WEST DRIFT】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事