【東京オートサロン2018】80周年を迎えたパイオニアブースでは「カロッツェリア」の最新エンタメを実感できる

さらに、ハイレゾ試聴室も別途用意されていて、サイバーナビと同社製カースピーカー(6万円程度)によるハイレゾ再生の視聴もできます。

日産セレナのデモカーには、「サイバーナビ」の車種専用モデル「AVIC-CE901SE-M」、ヘッドレスト固定型のプライベートモニター(リヤモニター)の「TVM-PW1000T」、フリップダウンモニターの「TVM-FW1030」を装着。

なお、モニターに映し出されるデモ用の映像には、「カーライフにスパイスを」のwebコンテンツでも掲載されている小林可夢偉選手の「クルマリノベーション」が使われていて、小林選手の愛車アルファードのスピーカー交換の様子が映し出されています。

また、「サイバーナビ」のエンタメ系機能で大きな特徴である「ミュージッククルーズチャンネル」を体感できる「VR」コーナーも用意されていて、ブースにいながらにしてドライブ音楽をバーチャルで体感できます。

ほかにも、80周年を迎えたパイオニアの歴史が垣間見えるコーナーも用意。同社初のスピーカーである「ダイナミック・スピーカーA8(1937年)」、世界初のGPSカーナビゲーション「AVIC-1(1990年)」の展示も見逃せません。

なお、パイオニアのブースでハイレゾ視聴や「ミュージッククルーズチャンネル」の「VR」を体感すると、「ミュージッククルーズチャンネル」が最大1カ月無料で聞き放題になるバウチャーチケットがもらえます。

(塚田勝弘)

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】ヴェルファイアがピックアップに!驚きのカスタマイズを実行したNATSの学生たち
【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事