トヨタ・ハリアーの人気は、2017年6月のマイナーチェンジでさらに上昇する!?

エントリーモデルは車両価格300万円を切る印象的な価格設定、300万円台でも中級から上級グレードが手に入るという比較的値頃感のあるプライスタグを付けるトヨタ・ハリアー。

SUVナンバー1の座は、価格、車格面でもハリアーよりも下のクラスであるホンダ・ヴェゼルやトヨタC-HRなどに譲るでしょうが、2017年6月のマイナーチェンジ前でも月販で3000台〜5000台前後をクリアしていることからも陰のヒットSUVといえるでしょう。

人気の理由は、価格を考えると十分に納得できる内・外装の高い質感、スポーティなデザインなどにあるはずで、2017年6月のマイナーチェンジでは、2.0L直噴ターボ仕様の追加に加え、やや手薄だった安全装備を「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備するなどアップデート。

『トヨタ・ハリアー』の最新記事

【「Yahoo!検索大賞2017」発表会】クルマ部門は「ハリアー」、小説部門は「夫のちんぽが入らない」、作家部門は「カズオ・イシグロ」
【新車】追加された2.0L直噴ターボ仕様も用意するハリアー「GR SPORT」
トヨタ・ハリアーの「走り」の本命は2.0L直噴ターボ仕様!!
力強いターボエンジンと相性のいいATの組み合わせが生む鋭い走り【トヨタ・ハリアー試乗】
能ある鷹は爪を研ぎ澄まし、再度舞い降りる【新型トヨタ・ハリアー試乗】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事