レクサス・CTの安全装備強化!2018年モデルを今秋発売へ

日経新聞によると、歩行者検知に対応した緊急時の自動ブレーキを標準搭載したのに加え、車線逸脱警告機能や先行車との車間距離の維持機能、対向車のヘッドランプをカメラで検知して配光を制御するハイビーム機能などを備えているそうです。

歩行者に対しては、約10〜80km/hで走行中に相対速度が約30km/h以下であれば衝突回避が可能。先行車に対しては、約10km/h以上で走行中に相対速度が約40km/h以下であれば衝突を回避できます。

安全性の向上に加えて運転時の利便性が高められており、ナビゲーションディスプレイを従来の7.0型から10.3型に拡大することで、経路案内などの表示が見易くなっているのも改良点の一つ。

 

価格は未発表ですが、現行モデルは366.2万円~460.8万円の設定。

2011年に誕生後、2014年のスピンドルグリル導入を経て、今回さらに熟成されるレクサス「CT」に注目です。

Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

トヨタ博物館に往年の「トヨタ2000GT」がズラリ勢揃い!
https://clicccar.com/2017/06/15/482758/

トヨタとテスラがEV開発で火花を散らす日
https://clicccar.com/2017/06/12/481390/

世界の有力企業2,000社ランキングでトヨタが堂々の10位!
https://clicccar.com/2017/06/02/478500/

販売好調のラグジュアリースポーツ「レクサス LC」の実車に密着!
https://clicccar.com/2017/04/19/464909/

体制革新を図るトヨタの象徴となるか? 11年ぶりにモデルチェンジしたレクサスLS
https://clicccar.com/2017/04/15/463398/

【関連リンク】

レクサス CT200h
https://lexus.jp/models/ct/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。