レクサス・CTの安全装備強化!2018年モデルを今秋発売へ

トヨタ自動車が6月15日、今秋発売予定のプレミアムコンパクトクラスHV「レクサスCT200h」2018年モデルを世界初公開、「F SPORT」仕様車も併せて披露しました。

内外装のブラッシュアップに加え、新たに予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用するなど、安全運転支援機能の強化が図られています。

トヨタグループが搭載を推進する歩行者検知対応の自動ブレーキは、フロントウインドシールドガラス上部に搭載した単眼カメラと、ラジエータグリルに内蔵したミリ波レーダーの組合わせで実現。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。