【新車】SUBARUレヴォーグが一部改良。ハイビームアシストの作動速度を変更し、新色を設定

SUBARUのみならず、貴重な国産スポーツワゴンであるレヴォーグが2019年5月7日に一部改良を受け、6月27日から発売されます。

2014年4月に登場したレヴォーグは、アイサイトなどの先進安全装備と、同社が培ってきたツーリング性能を高い次元で両立したスポーツワゴン。

今回の変更では、ハイビームアシストが作動する車速を40km/hから30㎞/hに下げることで、視認性・安全性を向上。さらに、ボディカラーに新色の「マグネタイトグレー・メタリック」が設定されています。

レヴォーグの価格帯は、1.6Lを積む「1.6GT EyeSigh」が2,862,000円、「1.6GT EyeSight Smart Edition」が2,948,400円、「1.6GT EyeSight V-SPORT」が3,078,000円、「1.6GT-S EyeSight」が3,078,000円、「1.6STI Sport EyeSight」が3,564,000円。2.0Lの「2.0GT-S EyeSight」が3,618,000円、「2.0STI Sport EyeSight」が4,050,000円。トランスミッションは全車CVTで、1.6Lはリニアトロニック、2.0Lはスポーツリニアトロニックが搭載されます。

(塚田勝弘)

『SUBARU』の最新記事

ニュルブルクリンク24時間レースに挑むSTI。2.0L以下でのクラス優勝を目指す
【新車】SUBARUフォレスターが一部改良。「リヤシートリマインダー」、新色「マグネタイトグレー・メタリック」を用意
トヨタとSUBARUがSUVモデルのEVを共同開発を発表!
インプレッサとSUBARU XVが126満点中118.8点で最高ランクとなる「ASV+++」を獲得【2018年度自動車アセスメント】
スバル初のプラグインハイブリッドが日本で公開【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事