日本一速い男「星野一義」の好みは?走りは??自慢は???【OPTION 1984年2月号より 後編】

1984年2月号のOPTIONを開き、読み進めていくと・・・あらまぁ~ビックリ!な写真で埋め尽くされているこの記事。【後編】ではインタビュアー・Daiちゃん(OPT・0代編集長:稲田大二郎)に語った、印象ある「ホッチ語録」の数々をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホッチ語録1

メシは好き嫌いなし、甘党だよ

「食事は何でもいいよ。好き嫌いなんかしてたら贅沢だ。洋食ではステーキなんかの肉類になるけど、最近はけっこう和食にすることが多いみたい。さっぱりしたものが合うということは歳とってきたのかな。あえて好みを出せば甘いものが好き。ケーキやお汁粉。いくらでも食える。でも、ハードなイメージのレーサーとケーキなんて似合わないかな」。

 

ホッチ語録2

走りは努力以外の何もない

「クルマの運転テクニックは走り込むことが一番。それも自分で目標をもって、ひとつずつマスターしていくのがいい。普通に街を走っているときでも、ドライブしているときでも、ここはこう、そこはこう、と意識して運転する。当然、街中の運転とスポーティドライビングは違う。目いっぱい走り込むのも大切だ。その時はサーキットがベスト。思い切り走れるからね。ストリートでは危ないし、限界まで攻めきれないので、ホントのテクの向上にはならないよ」。

 

ホッチ語録3

インパルはもうオレの分身なんだ

「今度のエアロホイール、いいだろ。中は新しいメッシュで、このエアロプレートは取り外しできるから、気分で二通りのドレスアップができる。今、シルビア、スカイラインに続き、V6フェアレディZの空力パーツ、ステアリングなんかも開発中。インパルはオレの分身だから頑張る。そして、夢はアルピナBMWのようにインパル・シルビアとか、インパル・スカイラインとしてクルマごと売りたい。レースからフィードバックされた信頼性のあるパーツを開発してね」。

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。