【東京オートサロン2018】ガルウィングを授かり蘇った「RE雨宮CRAZE-7」【Play Back the OPTION Spin off】

1月22日、関東に記録的な超大雪をもたらした寒波。東京オートサロン2018の余韻冷めやらぬ今、降り積もる大雪を見て思い出したのは、搬入日〜初日にかけ超大雪に見舞われた【東京オートサロン1998】(会場:東京ビッグサイト)。

もしこの大雪が10日前だったら、あの時の大参事の二の舞になったかと思うと…。搬入日に出展車が届かない、出展者も会場に辿り着けない、ホテルに帰れない。コンビニは空っぽ、お腹空いた…冷や汗ものでございます(汗)。

【Play Back the OPTION Spin off】的にそんな大波乱?だった東京オートサロン1998を思い出しつつ、東京オートサロン2018出展車両を見ると、今回のこのマシンが一番、印象に残りました。では、ご紹介しましょう。

【RE雨宮CRAZE-7】

オートサロンには絶対に欠かせない、RE雨宮自動車。第1回東京エキサイティングカーショーからずっと出展いただいているOPTION派トップクラスの人気チューニングショップ様です。

今回紹介するマシンは、お立ち台に飾られチューニングカー部門・優秀賞を受賞した「RE雨宮X-RESPONSE-7」でも、4ローターの「RE雨宮K&N D-1 RE4ROTOR」でもなく、その横に置かれていた紫輝くガルウィングFD3S「RE雨宮CRAZE-7」です。

なぜか? それは、東京オートサロン1998に出展されていた「RE雨宮Super-G CRAZE-7」のレプリカ版だったからなのです。