復活したNSXが「評価されない」のはなぜ?【クリッカーオブザイヤー座談会 Vol.2】

2015年11月1日~2016年10月31日までに日本で発売された55台の中から、最も欲しい、優れているクルマを選ぶクリッカー・オブ・ザ・イヤー(CCOTY)

10点を入れたクルマについて各選考委員が覆面で語る座談会リポートの第2弾は、国産車で10点を獲得したNSXを中心に展開します。

008_nsx-20161231120415

 

司会(以下司):復活したホンダNSXには二人が10点満点を入れていますね。

F:ジャパニーズスーパーカーのNSXがCOTYにノミネートすらされていないのはおかしいし、あまりにも扱いが悪いと思いませんか。そういう理由からです。

D:特別賞取りました。

B:そもそもエントリーされていない。年間500台以上販売されないクルマは除外だから。トヨタミライとか。

C:しかし、あきらかに500台売れない車がありますよね。売るつもりがあればいいのですかね。

B:実は調べてみたら、ちゃんと500台売れていました

F:CCOTY(クリッカー・オブ・ザ・イヤー)は自分がイイとかほしいとかで点数入れている場合じゃないです。クリッカーという媒体がこれでどうだ!ということを世間に示さなきゃいけないと思います。そのためにNSXは一番いいクルマだと思いませんか?

C:今年はNSXを推薦していて、昨年ロードスターはファミリーカーに向いていないと言った発言というのが面白いです。ロードスターは評価しないけど、NSXは評価するのですね。

F:良く覚えていますね。それは同じ軸で見てはいけない。200万円と2000万円は同じに見てはいけないと考えました。このリストの中で一番欲しいクルマだから。と言おうと思いましたが、よく見たらアウディR8がリストにあったので、それならR8がいいと思って。だからR8は9点。CCOTYは象徴的な賞であってもらいたい。皆さんチマチマしたこと言っていてはいけません。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています