【クリッカーオブザイヤー2016】ホンダ・フリードの良い点、惜しい点

「CCOTY(クリッカー・オブ・ザ・イヤー)」の投票、3位には各2点を配点してホンダ・フリード、プジョー308 BlueHDiを選びました。

ここで取り上げるホンダ・フリードは、ライバルのトヨタ・シエンタが新型になり大きくイメチェンしたのに対し、代わり映えしないという声も聞こえてきます。

honda_freed4

シエンタは、例の歌舞伎の隈取りのようなフロントバンパー横のガーニッシュの造形など、限られたコストで違いを見せようとする意図が伝わってきます。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています