アウディ R8後継モデルは650psのハイパーEV「e-tron GTR」か? 登場は早ければ2022年

アウディの2ドアスポーツ「R8」の生産終了の噂がささやかれていますが、英Car Magazine誌によると後継モデルは「e-tron GTR」の名称が与えられる可能性があることがわかりました。

情報では、「e-tron GTR」は、3つの電気モーターと95kWhのソリッドステートバッテリーを搭載し、システム合計650psを発揮するといいます。1回のフル充電で航続距離は300マイル(483km)を可能にし、ワイヤレス充電システムに対応するようです。

プラットフォームは、ポルシェ初の市販EVスポーツ「タイカン」と共有し、アルミニウムモノコックシャーシを採用。2018年8月に公開された「PB18 e-tron」にインスパイアされたエクステリアが予想されています。

 

また0-100km/h加速は2秒プラスアルファのパフォーマンスを発揮し、完全なハイパーカーレベルと言えます。開発が順調に進めば、登場は2022年が有力です。同ブランドのスーパースポーツを支えてきたR8が消滅するとなれば寂しいですが、まだ時間があり、今後スペシャルな限定モデルなどが続々登場するかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」
後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事