FCV「MIRAI」の価格を2022年までにクラウンHV並みへ

「FCスタック」についてはMIRAIの量産化までに出力を向上させつつ、セルの枚数を先行開発段階から30枚削減するなど、既に努力の跡が窺えますが、コストの多くを占めている化学反応促進用レアアース「白金触媒」からの脱却が必要。

TOYOTA_MIRAI

また「高圧水素タンク」についても衝突時の安全性確保のため、高価な材料(CFRP、GFRP)が使用されており、使用量の見直しに加えて室内スペースへの影響から抜本的な小型化が望まれます。  

TOYOTA_MIRAIガス事業大手の岩谷産業が得意とする「液化水素」をFCV側で使用可能になれば、あえて水素ガスを昇圧する必要が無くなり、タンク容積を大幅に低減できる可能性も。 

TOYOTA_MIRAI

トヨタやホンダでは、後続他社に対するアドバンテージ確保の観点であらゆるコストダウン策に取組んでいると思われますが、世界的な環境規制強化に伴い、FCVが普及期を迎える2020年以降は欧米勢との競争激化が確実視されるだけに、コスト低減に向けた技術力が勝敗を分けることになりそうです。

■トヨタ MIRAI Webサイト
http://toyota.jp/mirai/?padid=ag001_i_carlineup_search

■経産省 水素・燃料電池戦略ロードマップ(PDF資料)
http://www.meti.go.jp/press/2014/06/20140624004/20140624004-2.pdf

〔関連記事〕

2030年度にFCV向け燃料電池の世界市場が4.7兆円規模に!
https://clicccar.com/2015/04/21/304000/

東京都・神奈川県・埼玉県でFCV購入助成金が100万円超え!
https://clicccar.com/2015/04/15/303313/

トヨタが2022年までにFCVの価格を大幅引き下げか?
https://clicccar.com/2015/03/23/299155/

政府がFCV普及の「ロードマップ」策定、200万台目指す!
https://clicccar.com/2014/08/13/264497/

FCV(燃料電池車)のコストダウンには脱レアアースが必須!
https://clicccar.com/2013/10/20/233735/

Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/2015/04/26/304841/