トヨタ・ヤリス クロスが一部改良。新グレードの「Z“Adventure”」「GR SPORT」を追加

■ドライブレコーダー付自動防眩インナーミラーをオプション設定

コンパクトSUVのヤリス クロスが一部改良を受け、2022年8月8日(月)に発売されます。同時に「GR SPORT」と「Z“Adventure”」も追加され、人気SUVの販売をさらに加速させることになりそうです。

ヤリス クロス GR SPORT
ヤリス クロス GR SPORTのエクステリア

今回の一部改良では、ドライブレコーダー付自動防眩インナーミラーが全車にオプション設定されています。同装備により、年々高まっているドライブレコーダーのニーズに応えるとともに、すっきりとした前方視界を妨げずにすみます。

「Z」グレードの内装色にブラックが新設定されています。追加された「GR SPORT」は、別の記事でもご紹介済みで、ラジエターグリル&リヤバンパーロアカバー専用エクステリアをはじめ、剛性アップパーツや10mm車高ダウンとなる専用サスペンションが採用されています。

トヨタ ヤリスクロス
Z“Adventure”(ハイブリッド・2WD)のエクステリア

さらに、電動パワーステアリングの制御、ハイブリッド車はパワートレーンにも手が入れられていて、パワートレーン制御、ドライブシャフトの剛性の向上といった走りを向上させるメニューが盛り込まれています。

足元には専用アルミホイール、インテリアには、スポーティシート&シート表皮などを用意。もう1台の新グレード「Z“Adventure”」には、前後の専用バンパーをはじめ、シルバーのルーフレールが装備されています。

インテリアには、合成皮革の「サドルタン」×ツイード調ファブリックの専用シート表皮(ブラック)が備わります。

トヨタ ヤリス クロス
Z“Adventure”(内装色 : サドルタン)

「Z“Adventure”」は、18インチアルミホイールやプロジェクター式ヘッドランプ、オプティトロンメーター、本革巻きステアリングホイール&シフトノブなどが標準装備される「Z」をベースに、専用バンパーやルーフレールなどが備わり、よりアクティブな雰囲気を放っています。

スポーティな「GR SPORT」、アクティブな「Z“Adventure”」が加わったことで、ユーザーの裾野が広がるはずです。

トヨタ ヤリスクロス
Zのインテリア。追加された内装色のブラック

●価格帯
ヤリス クロス:189万6000円~293万6000円
GR SPORT:236万7000円~275万円
Z“Adventure”:233万1000円~293万6000円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。