福岡県北九州市は水素の「地産地消」最前線!

FCVの生産拠点となる自動車産業や副生水素を保有する企業群が集積する福岡県。

同県ではそうした強みを活かして環境に優しい水素エネルギー利用社会の実現に向け、2004年に産学官で「福岡水素エネルギー戦略会議」を全国に先駆けて設立。

水素製造・輸送・貯蔵から利用まで一貫した研究開発と人材育成に取組む「福岡水素戦略(Hy-Lifeプロジェクト)」を推進しています。

Hukuoka(出展 福岡水素エネルギー戦略会議)

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。