福岡県北九州市は水素の「地産地消」最前線!

2011年に福岡県が経済産業省の主導で北九州市に「水素タウン」を設立、現在燃料電池で街の電力を賄うモデル地区となっています。

 

新日鉄住金の八幡製鉄所で発生する副生水素をパイプラインを通じて北九州市の水素タウンに供給、燃料電池で電気に変換する実証試験を実施。(副生水素:石油製品や鉄鋼等の生産工程で、副次的に発生する水素)

Kitakyushu

また同市ではCO2排出量半減に向けて「北九州スマートコミュニティ創造事業」に163億円を投じて2010年度から5年間に渡る実証実検を展開しており、ノウハウが集積していると言います。

Kitakyushu(出展 北九州市 環境局)

こうした福岡県で先行する副生水素を活用した街づくりを事例に、全国で水素の「地産地消」が進めば政府が目指す水素社会の実現が確実に加速される筈。

福岡県が大規模な実証試験を通してこれまで蓄積して来た知見の数々は今後、政府の働きかけにより全国で有効活用すべき貴重な財産と言えそうです。

■福岡水素エネルギー戦略会議
http://www.f-suiso.jp/

■北九州市 水素タウン
http://www.f-suiso.jp/kitakyushu

■北九州スマートコミュニティ創造事業
http://jscp.nepc.or.jp/kitakyushu/index.shtml
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000041576.pdf

■経産省 資源エネルギー庁 エネルギー計画書
http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/pdf/140411.pdf

〔関連記事〕

FCV普及に向け経産省が水素ステーション設置審査見直しへ
https://clicccar.com/2015/03/19/298756/

経産省が水素ステーション拡充で全国自治体と連携強化へ!
https://clicccar.com/2015/03/18/298060/

宮城県が復興事業で北九州に次ぐ「水素都市」を目指す?
https://clicccar.com/2015/02/11/292644/

FCV発売間近で北部九州「水素戦略」プロジェクトに活気!
https://clicccar.com/2014/09/01/266363/

政府がFCV普及の「ロードマップ」策定、200万台目指す!
https://clicccar.com/2014/08/13/264497/

 (Avanti Yasunori

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/2015/03/19/299210/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。