トヨタの北米販売はRAV4が牽引し、前年同月比13.3%増と絶好調!

2015年2月のトヨタの北米販売は、18万467台で、2014年2月から13.3%増と好調なセールスになっています。

 2015_Toyota_RAV4_Snow

「トヨタ」ブランドは12.1%増の15万7472台、「レクサス」は22%増の2万2995台。トヨタで大きく貢献したのが33%増となるRAV4で2万1943台と2月としては最高記録を達成。

カローラも好調で10%増となる2万7839台を売り上げ、主力セダンのカムリは13%超となる3万2942台とセダンも好調のようです。

レクサスではRXが約14%増の6940台で、NXは2666台を記録しています。

2013_Lexus_RX_350_FSPORT_005

ビル・フェイ副社長は「トラックの需要が上昇していて、トヨタではRAV4が2月の好調な販売台数を牽引した」とコメントしています。

円安の追い風もあり好調な販売が続く日本の自動車メーカーですが、トラック頼みだけでなく、燃費のいいモデルの拡充が今後も欠かせないはずで、日本勢の強みを発揮し続けることができるか注目です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。