ホンダ・ジェイドはパワーに優るシャシーが魅力

2+2+2というシートレイアウトの3列シートミニバンとして新登場したホンダ「ジェイド」は、1.5リッターハイブリッド専用モデル。全高1530mm(アンテナ部分を除くと1500mm)というボディが、多くの立体駐車場に対応した都市型ミニバンです。 

 シートレイアウトからは5ナンバーミニバン「ストリーム」の後継、スタイリングからは3代目・4代目オデッセイ(RB系)の後継的な位置づけと見ることもできます。

JADE005

そうしたホンダミニバンの保有ユーザーにアピールするニューモデルであり、また『子育て期ではないけれど、ユーティリティ的にミニバンが欲しい』という層もターゲットユーザーとして想定されているといいます。

グランドコンセプトは『マルチサプライジング』。いろいろな部分で驚きを感じさせるというものですが、果たして実際に乗ってみると何に驚かされるのでしょうか。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。