【ギョーカイ先走り02】新型ホンダS660にタイプRはある?

 s660concept1

S660に搭載されるターボエンジンは基本的にN-WGNと同じもので、軽自動車としては十分にパワフル。しかし絶対的なパワーが少ないのは、仕方ないことです。軽自動車のエンジンパワーには、64psという上限があります。ただし、それは日本自動車工業会が合意した自主規制でしかないので、法的な拘束力はありません。

660ccのターボエンジンが80ps程度にまでなら簡単にパワーアップすることは、スズキの660ターボを搭載するケータハムの例でも明らかで、それが軽自動車として販売されているのです。かつての280ps規制を、ホンダが2005年のレジェンドで打ち破ったように、S660が64ps規制を突破するのではないか、という噂もありましたが、不発に終わりました。

車両重量は830kg。同じ軽オープンスポーツであるコペンが850kgであり、ほぼ同等です。コペンは軽量化に有利なFFですが、電動のルーフ機構が複雑で重く、シンプルな巻き取り式のS660のほうが軽量となったわけです。コペンでも十分な速さですが、しかしホンダがアピールする「リアルスポーツ」には、モアパワーに期待したいところです。

 2015HONDA_123
(写真はN-WGNシリーズの660ターボエンジン)

しかし残念ながらS660のエンジンは超軽量の高効率エンジンで、余力はあまりなさそう。加工処理などをレベルアップさせれば、それはコストアップにつながってしまいます。冷却に厳しいミッドシップということもあり、ブーストアップはあまりいい選択ではありません。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事