トヨタが2017年までに「予防安全技術」を全車に導入!

トヨタ自動車が先頃、事故を未然に防ぐ複数の予防安全技術を組み合わせて商品化した予防安全技術パッケージ「Toyota Safety Sense (トヨタ・セーフティ・センス)」を2015年から導入すると発表しました。

TOYOTA_SAFETY_SENSE

これまで同社が進化させてきた予防安全技術のうち、衝突回避支援や被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ(PCS)」、車線逸脱を警告する「レーンディパーチャーアラート(LDA)」、夜間のハイ/ロービームを自動で切替えて前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム(AHB)」等、複数の機能をパッケージ化したもの。