新型マツダ・デミオディーゼルでATよりMTの燃費が優れる 3つの注目ポイント

マツダのBセグメントカー「デミオ」がついにフルモデルチェンジ、詳細なスペックや価格が発表されています。

Mazda_DEMIO_36

事前アナウンスの段階から注目を集めていた1.5リッター クリーンディーゼル搭載車の燃費性能は、FF・6MTで30.0km/Lと、ハイブリッドカー・軽自動車を除く内燃機関搭載車として最高の燃費を達成しています。

なお、ディーゼルのFF・6ATは26.4km/L。6ATにキャパシタを使ったエネルギー回生システム「i-ELOOP」をオプション装着すると、26.6km/Lとなります。

モード燃費の測定方法によりMTのほうがカタログ燃費では不利といわれる中で、6MTのほうが圧倒的な好燃費としていることも話題となっています。

なぜ、新型デミオでは6MTのほうが燃費性能に優れているのでしょうか。

そこには3つの理由が考えられます。