最新マツダCX-8は吸音材改良でさらに静かに、荷室の使い勝手も向上

●細かくも着実な進歩を遂げているCX-8

CX-8マイナーチェンジ
SKYACTIV-G 2.5モデルにAWDを追加

スタイルのいいSUVスタイルでありながら、実用的な3列目シートを備えることで人気のマツダCX-8。年々細かな改良を積み重ねていますが、その最新版に乗りました。

CX-8マイナーチェンジ
全長は4900mm、全幅は1840mm。全高は1730mm

試乗したのは「25S AWD Lパッケージ」。全長は4900mm、全幅は1840mm。全高は1730mmあります。

CX-8に最新のアップデートが施されたのは2019年10月。この際に電動スライドガラスサンルーフや、3列目シートの充電用USBを追加設定するなどしてきました。

CX-8マイナーチェンジ
サブトランクボックスの奥行きを拡大しています

さらにラゲッジボックスのアンダー部分が従来よりも拡大されています。84Lの大容量となり、従来モデルから19L拡がっています。前後方向に容量が大きくなったことで、機内持ち込みサイズの小型スーツケースであれば4個搭載できるほどの空間ができました。

今回試乗した2.5L NAエンジン+4WDという構成は、この最新のアップデートで選択できるようになった組み合わせです。

CX-8マイナーチェンジ

試乗前はCX-8の1790kgの重量に対して、190ps/6000rpm&25.7kgm/4000rpmのNAエンジンで大丈夫だろうか、という不安はありました。

しかし実際乗ってみると組み合わされる6ATのギアリングの良さもあるのか、出足から非常にトルクフルで扱いやすく、大人3人乗車の状態でも必要十分以上の加速を見せてくれることがわかりました。

CX-8マイナーチェンジ
190ps/6000rpm&25.7kgm/4000rpmのNAエンジン

また全長4900mm・全幅1840mmという体格から取り回しに不安がありましたが、最小回転半径が5.8mと小さめなこと、ボンネットが水平に近く左右のエッジが運転席から見渡しやすいことなどから、実際には不安なく運転できました。

CX-8マイナーチェンジ
ストラット式のフロントサス
CX-8マイナーチェンジ
マルチリンク式リヤサス

今回、ルーフには塗布型制振材の新規採用によって、雨天時に雨粒が落ちた時の強めの音などが大きく低減されたということです。この塗布型制振材を吹き付けするためには、工場のラインも一部変更する必要があり、コスト以外にも大掛かりな変更が必要となったということです。

CX-8マイナーチェンジ

実際その効果は雨天時以外にも発揮されているようで、一般道走行時にも静粛性は従来よりもアップしていたと感じました。

CX-8マイナーチェンジ
センターディスプレイのサイズを大型化

このほか、悪路での脱出性能を高めるオフロードトラクションアシストの採用や、マツダコネクトのモニターが7インチから8インチになるなど、細かくも着実な進歩を遂げているCX-8なのでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『マツダ・CX-8』の最新記事
CX-8に追加された2.5L NAガソリンAWDはどっしりと落ち着いたフィールのコーナリングを発揮【マツダCX-8試乗記】
CX-8の特別仕様車「Exclusive Mode」に、マツダ初の電動スライド&リクライニング機構を追加【新車】
マツダ・CX-8の「L Package」にウォークスルータイプのキャプテンシートが追加【新車】
高級なナッパレザーシートに待望の電動ウォークイン機構を搭載【最新マツダ・ CX-8 特別仕様車】
意外!? CX-8ってオフ、けっこういける。新機構『オフロード トラクション アシスト』をチェック
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事