もう下取りが安いとは言わせない! CX-5の買取価格をチェック

2012年2月に販売開始されたマツダCX-5は初のフルスカイアクティブテクノロジー搭載車として、大ヒット。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝きました。

そのCX-5の初のマイナーチェンジが2015年の1月に行われることが発表されています。

CX5_003

CX-5MC後 MC後インパネ

マツダ車というと新車購入時の値引き額も大きいものの、中古車相場が他のメーカーに比べて値崩れしやすく、一度マツダ車に乗るとずっと乗り続けないとならない「マツダ地獄」と言われてきました。

そこで、登場からまもなく3年を迎えて、初のマイナーチェンジを行うCX-5と、ライバルとなる国産SUVの買い取り価格を調べてみました。

旧型ハリアー 旧型エクストレイルCR-V 旧型フォレスター

買取表

ライバル車として取り上げたのはトヨタハリアー、日産エクストレイル、ホンダCR-V、スバルフォレスターの4車種で、買い取り価格はCX-5が登場した2012年式(平成24年式)で算出しています。ホンダCR-Vを除いた3車種はこの約3年間の間にフルモデルチェンジを行っていますが、人気の高いSUVだけに影響はあまりないようです。

ハリアー新型 新型エクストレイル フォレスター現行型

上の買取価格を見てわかるとおり、フルモデルチェンジを行ってもトヨタハリアーの残価率は60%を超えていて、相変わらず人気の高さはうかがえます。しかしそのハリアーの残価率を上回っているのがCX-5のクリーンディーゼル車で63.1〜66.4%を記録しています。さらにガソリン車も残価率60%を超えており、同じ現行型のCR-Vを大きく上回っています。そのほかのモデルも3年後の買取価格が55%以上と高めで、さすが人気の高いカテゴリーだといえます。

CX-5の新車時の値引きが20万円程度とこれまでのマツダ車に比べて小さかったこともあり、そして人気の高さも加わり、高い残価率をキープしています。この数字を見る限り、CX-5は「マツダ地獄」は当てはまらないといえるでしょう。

(萩原文博)

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!