マツダ・フレアがマイナーチェンジで燃費と安全性能を向上

 スズキ・ワゴンRのOEM車であるマツダ・フレアがマイナーチェンジ。ワゴンR同様に、ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)とリチウムイオンバッテリーからなるハイブリッドシステム『S-エネチャージ』を装備した新グレード「HS」を追加しています。

mazda_FLair-custom1408101

このシステムを採用したことで、従来からのグレードのJC08モード燃費30.0km/Lに対して、32.4km/Lと向上しています(FF・CVT車)。

あわせて、フレアHSはブルーLEDイルミネーションを加えたフロントグリルなど専用の外観を装備。スポーティなカスタムスタイルHSもLEDイルミネーション内蔵のスケルトングリルとなっています。

また、シリーズ中で唯一のターボエンジン車となるカスタムスタイルXTにはクルーズコントロールが与えられました。

さらに、HS、カスタムスタイルHS、カスタムスタイルXTには、低速プリクラッシュブレーキである「レーダーブレーキサポート」や横滑り防止装置を標準装備するなど安全性能も向上させています。