日産ブースが表現する現在・過去・未来とは?【東京モーターショー2013】

2013年東京モーターショーの初日に話題を集めたのは、サプライズのコンセプトカー「アイディーエックス フリーフロー」、「 アイディーエックス ニスモ」をワールドプレミアした日産でした。

ゴーンCEOが登場する前には、先日ニュルブルクリンク北コースで最速タイムを叩きだしたというGT-R NISMOのオンボード映像がカウントダウン的に流され、ゴールシーンに合わせてステージ端のガレージからGT-R NISMOが飛び出してきます。

nissan_press_tms201306

その後、既報の通りゴーンCEOがサプライズのコンセプトカー「アイディーエックス フリーフロー」に乗って登場したのでした。

nissan_press_tms201300

ジェネレーションZと呼ばれるデジタルネイティブ世代を開発のファクターとして取り込んだという、この「アイディーエックス」が、どこか懐かしさを感じさせる一方で、もう一台のメインコンセプトカーである三角翼スタイルのEV「ブレードグライダー」が発する未来感。その対比は、創立80周年という日産のヒストリーをも感じさせるものでした。

nissan_press_tms201312

ゴーン氏の発言にもあったように、2013年は「ダットサン」という伝統のブランドが主に新興国市場に向けたものとして復活しています。また、フルモデルチェンジしたスカイラインには「インフィニティ」のエンブレムが付いています。そしてコンセプトカー「アイディーエックス」やGT-Rの最速バージョンにつけられた「NISMO(ニスモ)」のサブネームにも注目です。ブースにはジューク、フェアレディZ、マーチのニスモバージョンが展示され、グローバルに広がるスポーティブランドへの成長を感じさせます。まるでブランドの再構築が進むことを宣言しているようなブースになっています。

nissan_press_tms201310

さらに、ブース周辺に置かれた 「ダットサン14ロードスター」といった歴史的車両が、80年の歴史とEVの展開など新しいジャンルへのチャレンジを示しているのも印象的です。

nissan_press_tms201305

まさしく温故知新によって現状打破を図ろうという意図が感じられる日産ブースでした。

 

■関連記事
日産「ブレイドグライダー」「IDx」動画・画像ギャラリー-カルロス・ゴーンが乗って登場!
https://clicccar.com/2013/11/20/237022/

ニュル最速7分8秒679、600馬力の日産「GT-Rニスモ」誕生【動画】
https://clicccar.com/2013/11/20/236855/

日本導入間近の電動商用車「日産 e-NV200」を参考出品【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/19/236421/

日産は電気自動車の新コンセプトほか、ミニバンのマイナーチェンジなど展示【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/12/235765/ 

(山本晋也)