日本導入間近の電動商用車「日産 e-NV200」を参考出品【東京モーターショー2013】

日産自動車が、リーフに続く100%電気自動車の第二弾として商用車「e-NV200」を、2014年度中の日本市場投入をアナウンスしました。この電気商用車は、2014年半ばから、スペイン・バルセロナ工場で生産開始を予定しているものです。

nissan_e-nv200

リーフのテクノロジーを投入したという信頼性も持つ「e-NV200」は、実用性においても内燃機関のモデルと同等のキャビン・ラゲッジスペースを確保するということです。さらに、走行時のCO2の排出量がゼロという特長を活かした、商用車としての運用も期待されています。

生産工場のあるバルセロナではタクシーとして活用されているということですが、国内でも日産本社のある横浜市においてモニター制度の実施などが検討されているといいます。

11月20日に開幕する東京モーターショー2013の日産ブースでは、そうした関係から、環境未来都市を標榜する横浜市のマークを配した「e-NV200」を参考出品。ショー会場で、その出来映えを確認できるということです。
se-nv200

■関連記事

日産は電気自動車の新コンセプトほか、ミニバンのマイナーチェンジなど展示【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/12/235765/

日産がEV第2弾「e-NV200」をバルセロナ市に導入!
https://clicccar.com/2013/09/25/231564/

(山本晋也)