日産は電気自動車の新コンセプトほか、ミニバンのマイナーチェンジなど展示【東京モーターショー2013】

11月20日に開幕する第43回東京モーターショー2013(一般公開日:11/23~12/1、会場:東京ビッグサイト)への出展概要を日産自動車が発表しています。

ショーの主役となる世界初公開となるコンセプトカー「ブレイドグライダー」は三角翼形状のユニークなスタイルを持つ電気自動車です。また2014年内に国内販売予定の電気商用車「e-NV200」も参考出品します。そのほか、自動運転機能などの技術をアピール。さらに、市販予定車を中心とした出展内容となっています。

市販予定の参考出品車としてブースに並ぶのは、「NISSAN GT-R NISMO」、「ティアナ」、「エクストレイル」、「デイズ ルークス」。また2013年12月~2014年1月にかけてマイナーチェンジを控えた「セレナ」、「エルグランド」、「ノート」、「リーフ」といった市販モデルも参考出品されるということです。

ル・マンに出場する電力駆動レーシングカー「ZEOD RC」のストリートバージョンといえるのが、3人乗り電気自動車「ブレイドグライダー」です。 リヤ・インホイールモーターの左右駆動力コントロールによりコーナリングするという、まさに未来の自動車を示すコンセプトカーです。

nissan_bladeglider-11

2014年1月にビッグマイナーチェンジ予定のキング・オブ・ミニバン「エルグランド」も一足早くお披露目されます。

nissan_tms2013_elgrand-01 

日産の人気ミニバン「セレナ」は12月のマイナーチェンジで、衝突回避支援システムを搭載する予定。アピアランスもリフレッシュされています。

nissan_tms2013_serena-01

2013年度内の国内発売を予定されている、グローバルセダン「ティアナ」も3代目となるニューモデルが展示されます。

nissan_tms2013_teana-01

2014年初頭に発売予定のスーパーハイトワゴン軽自動車「デイズ ルークス」。こちらも東京モーターショーの日産ブースにて一般公開される予定となっています。

nissan_tms2013_dayzroox-01

「リーフ エアロスタイル」は、電気自動車にスポーティ風味という新提案。2013年12月に発売予定となっています。

nissan_tms2013_nissanleafaerostyle-01

グローバルコンパクト「ノート」にも衝突回避を支援するエマージェンシーブレーキなど先進安全技術を採用。こちらも2013年12月に発売予定となっています。

nissan_tms2013_note-01

2013年12月に国内発売予定の「エクストレイル」。3列シートも用意される新SUVも東京モーターショーにて確認することができます。

nissan_tms2013_x-trail-01

■関連記事
三角EVコンセプト「日産ブレイドグライダー」を画像と動画で先行公開【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/09/235630/

日産新型「エクストレイル」画像ギャラリー ─ 2013年12月発売、16.4km/Lと好燃費の3列シートSUV【動画】
https://clicccar.com/2013/10/27/234157/

日産の新型軽自動車スーパーハイトワゴンがフォトデビューでタントやN BOXを追いかける
https://clicccar.com/2013/10/09/232456/

日産リーフ、自動運転は技術の蓄積が可能にした【CEATEC JAPAN 2013】
https://clicccar.com/2013/10/04/232242/

(山本晋也)