三菱は「3つハイブリッド」コンセプトカーでアピール【東京モーターショー2013】

モーターショーの華といえば、いかにも未来を感じさせるショーカー。

三菱自動車の東京モーターショー2013(11月20日~12月1日・東京ビッグサイト)のブースでは、そうした「ザ・コンセプトカー」といえる、プラグインハイブリッドEVのラージサイズSUVとコンパクトSUV、そしてダウンサイジングターボにマイルドハイブリッドを組み合わせたコンパクトMPVという3台が待ち構えています。

USA, California, Death Valley, Desert landscape

未来のパジェロを思わせる次世代ラージSUVの『MITSUBISHI Concept GC(Grand Cruiserの略)-PHEV』は、3.0L V6スーパーチャージドMIVECエンジン、8速オートマチックトランスミッション、高出力モーター、大容量バッテリーなどで構成するFRタイプのプラグインハイブリッドEVシステム(PHEVシステム)を搭載したトランスファータイプのフルタイム4WDとなっています。

MMC2013TMS_36 

先進的なパワートレインを与えられただけでなく、フロントウインドウにAR(拡張現実)を応用した表現を行なうなどキャビンの雰囲気も未来的。キャビン中央にはタッチスクリーン式の大型インターフェイス「タクティカルテーブル」が配置されています。

また、先進のコネクティッドカー技術を搭載、ドライビング・ガイドやアクシデントの際にの緊急通報サービスも搭載しています。

●MITSUBISHI Concept GC-PHEV主要諸元
全長:4930mm
全幅:1940mm
全高:1980mm
乗車定員:4名
エンジン:3.0リッターV6ガソリンスーパーチャージドMIVEC
最高出力:250kW
駆動モーター最高出力:70kW
バッテリー総電力量:12kWh
ハイブリッド燃料消費率:15km/L以上
EV走行換算距離:40km以上

 MMC2013TMS_38

FFタイプのPHEVシステムを採用している次世代コンパクトSUVのコンセプトが 『MITSUBISHI Concept XR(crossover Runnerの略)-PHEV』です。そのシステムは、1.1リッター直噴ターボチャージドMIVECエンジン、軽量・小型・高効率モーター、大容量バッテリーなどで構成されています。

MMC2013TMS_35

クラウチングスタートをイメージしたスタイルが示すように、走るヨロコビを表現したSUVとなっています。 特徴的なのはルーフ後端のスポイラー、三菱のコンセプトカーらしく可変タイプとなっています。

FF・PHEVシステムは、アウトランダーPHEVのシステムをベースとしたもの。フロントに1.1リッター直噴ターボエンジンと駆動モーター・発電用ジェネレーター、そしてインバーターを搭載。キャビン床下にリチウムイオンバッテリーを配置しています。ルーフに太陽光発電パネルを装備、補機用バッテリーの充電に活用しています。

ダウンサイジング指向のエンジン、FF駆動にしたことによる軽量化は、エネルギー効率をアップさせ、また軽快な走りにつながっているということです。さらに緊急時にはガソリン満タン状態からで、一般家庭10日分の電力を供給できるライフライン的な役割も可能といいます。

●MITSUBISHI Concept XR-PHEV主要諸元
全長:4370mm
全幅:1870mm
全高:1570mm
乗車定員:4名
エンジン:1.1リッター3気筒ガソリン直噴ターボチャージドMIVEC
最高出力:100kW
モーター最高出力:120kW
バッテリー総電力量:14kWh
ハイブリッド燃料消費率:28km/L以上
EV走行換算距離:85km以上

MMC2013TMS_29

『MITSUBISHI Concept AR(Active Runaboutの略)』はSUVの機動性とミニバンの居住性を併せ持つコンパクトMPVのコンセプト。1.1L直噴ターボチャージドMIVECエンジンにスターター・ジェネレーターを組み合わせた軽量なマイルドハイブリッドシステムのFF駆動となっています。

MMC2013TMS_37

1.1リッター3気筒エンジンに、ベルト駆動のスターター・ジェネレーターを組み合わせ、トランスミッションは副変速機付きCVTというプロフィールは、その姿からイメージする以上に、かなり現実的なハイブリッドシステムといえます。バッテリーは48V リチウムイオンバッテリーで、アイドリングストップ時にはバッテリー電力によりエアコン・コンプレッサーを作動させるということです。

 三菱の伝統ともいえるクリスタルライトルーフにより明るい雰囲気のキャビンは、6名乗車を基本にしていますが、停車時には4名の対座レイアウトを可能にするなど、MPVとしての使い勝手にも考慮したものとなっています。まさに次世代デリカ・シリーズへの期待が高まるコンセプトカーです。

●MITSUBISHI Concept AR主要諸元
全長: 4350mm
全幅:1780mm
全高:1690mm
エンジン:1.1リッター3気筒ガソリン直噴ターボチャージドMIVEC
最高出力:100kW
スターター・ジェネレーター最高出力:10kW
燃料消費率:24km/L以上

MMC2013TMS_28

これら、異なるハイブリッドパワートレインを持つコンセプトカーのほか、 アジアクロスカントリーラリーに参戦した「アウトランダーPHEV」、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで活躍した「MiEV EvolutionII」なども出品され、電動車両の可能性をアピールする三菱自動車ブース。 

また、ハローキティ40周年アニバーサリーパッケージを装備したミラージュや、スーパーハイトワゴン軽自動車「eKスペース」のお披露目など、注目の市販車・予定車を見ることもできます。

■関連記事
三菱ミラージュ「ハローキティ・パッケージ」400セット限定!
https://clicccar.com/2013/10/27/234084/

スーパーハイト軽ワゴン 三菱の新型「eKスペース」は東京モーターショーに一般公開
https://clicccar.com/2013/10/11/232782/

2台のプラグインSUVとダウンサイジングターボを三菱が世界初公開【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/10/10/232771/ 

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事