ハイブリッドスーパーカーの新時代へ。マクラーレン新型PHVをスクープ!

●スーパーカーはハイブリッドスーパーカーの時代へ。マクラーレンの新型PHVモデル

マクラーレンは新型スーパーカー「GT」をワールドプレミアしたばかりですが、早くも次なる新型モデルの開発に着手しているようです。そのプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

キャッチしたテスト車両は「720S」のテストミュールを使い、厳重なカモフラージュがされています。

車名も不明な新型モデルですが、ヒントはフロントガラス上部にはられたコードネーム「MVY04-BP23」のオレンジステッカーと、リアクォーターウィンドウの「HYBRID」のイエローステッカー、そしてサイドエアスクープの「Hybrid Prototype」の文字だけとなっています。

マクラーレンは、同ブランドの「Track25」計画の一環として「高性能、超高速充電、高性能アプリケーションのためのハイパワーバッテリーシステム」に投資する計画を発表。連続30分以上使用可能なバッテリーパックの開発を目標に立て、2025年までに18台の新車や派生モデルを投入する予定です。このプロトタイプがその1台となることは間違いありません。

予想されるパワートレインは、V型8気筒エンジン+電気モーターで、システム合計の最高出力は1,000ps級とも伝えられています。ライバルとなるフェラーリは5月末にも新型ハイブリッドスーパーカーを発表する予定で、本格的ハイブリッドスーパーカー時代の幕開となりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?