キャパシター搭載420psのトヨタ「Yaris HV R」登場 !【フランクフルトモーターショー13】

3ドアボディに152ps、21.0kgmにチューンされたターボエンジン搭載の「Vitz GRMN Turbo」が200台限定(270万円)で8月25日からWeb上で販売されるなど、改めて注目を集めているコンパクトハッチ、トヨタ「ヴィッツ」。 

その欧州版、「ヤリス」の3ドアモデルをベースにレーシングタイプのHVシステムを搭載した4WDマシン、「ヤリス ハイブリッド Rコンセプト」がフランクフルトモーターショー2013に登場しました。

Toyota_Yaris_HV_R_Concept

欧州トヨタが出展したコンセプトカーで、心臓部には最高出力300psを発揮する「GRE」仕様の1.6L直4直噴ターボエンジを搭載しています。 

「GRE」とは、FIA(国際自動車連盟)が定めているモータースポーツ用の1.6L直噴ターボエンジンの規格。 

このエンジンはTMG(トヨタ・モータースポーツ Gmbh)がFIAのレギュレーションに沿って開発したもの。

Toyota_Yaris_HV_R_ConceptToyota_Yaris_HV_R_Concept

6速シーケンシャルミッションと、HV用の2次電池、3個のモーター(発電用に1個、駆動用に2個)の組合せでシステム総出力420psを発生。 

欧州のヤリスHVやアクアの60馬力級モーターを使用しており、リヤに左右独立で搭載、左右モーター間のトルク調整でヨーをコントロールする仕組みで、リヤモーターによるアシストはロードモードで40ps、トラックモードで120psとか。 

そして更に注目されるのが蓄電装置として採用された「スーパー・キャパシター」。 

コンデンサーの一種で、WEC(世界耐久選手権)に参戦中の同社のHVレーシングカー「TS030」に採用されており、ニッケル水素バッテリーに比べて充放電のレスポンスが素早く、パワー密度が高いのが特徴。 

「スーパー・キャパシター」の搭載でモーター駆動による鋭い加速力が得られます。 

キャパシターはMAZDAが新型「アテンザ」の減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」で初採用、またホンダも新型「フィット」の1.3Lモデル」で採用するなど、アイドリングストップ追加に伴う大電力の出し入れが素早く、減速時の回生量を多くとれることから、量販車でも蓄電器としての利用が活発化しています。 

MAZDATOYOTA_TS030
  (出展 MAZDA)

トヨタが採用したキャパシターはレーシングカー開発で培ったノウハウを移植したものですが、何らかの形で今後の市販車へのフィードバックの可能性も。

そう言えば、2011年の東京オートサロンに同社が出展した本格EVスポーツ「トヨタ テセラ」にもターボ代わりに搭載されていました。 

Toyota_Yaris_HV_R_ConceptToyota_Yaris_HV_R_Concept

18インチホイール+225タイヤの装着で凄みを増した「ヤリス ハイブリッド Rコンセプト」の今後のレースシーンでの活躍が注目されます。

■トヨタ ヨーロッパ Yaris Webサイト
  http://www.toyota-europe.com/cars/new_cars/yaris/index.tmex  

■トヨタVitz GRMN Turbo
  http://gazoo.com/GRMN/Vitz_Turbo/ 

〔関連記事〕
・トヨタ新ハイブリッドスポーツのメカニズムが判明
 https://clicccar.com/2013/08/30/229137/ 

・トヨタのハイブリッドスポーツはヴィッツと判明!
 https://clicccar.com/2013/08/20/228379/ 

・マツダより先にキャパシターを搭載!【国際二次電池展】
 https://clicccar.com/2012/03/04/119722/ 

・キャパシターをハイブリッド化!【国際二次電池展】
 https://clicccar.com/2012/03/04/119731/ 

・謎のミッドシップ・スポーツEV「トヨタ テセラ」登場 !
 https://clicccar.com/2011/12/23/95847/

Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=231211