オートサロンで発表されたG’sマークXのカーボンルーフ、限定100台で販売決定!

東京オートサロンで参考出品され大いに話題となったG’sマークXのカーボンルーフを、トヨタがなんと市販を発表!

(写真はトヨタのプレスリリースより)

■TOYOTA、マークX“G’s”の特別仕様車を限定100台発売
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/02/nt13_012.html

すでに昨年発売が開始されているマークXの “G’s”のルーフをカーボンとして、ルーフ部分で10kgほどの軽量化を施しているといわれており低重心による走行安定性達成しているとのこと。

これがそのカーボンルーフ。カーボンにしたおかげでの10kg軽量化とのことですが、単純に10kgといっても地面から一番遠い場所での10kgですから、てこの原理で考えてもこの効果は絶大と言えるでしょう。試乗できればその効果はかなりはっきりと実感できると思います。

そんなカーボンルーフを備えたマークX“G’s”の特別仕様車が限定100台とはいえ市販されるのですから、今までのトヨタを考えればかなりの大英断。その上、ルーフの構造変更という通常の生産ラインでは作れない代物にも関わらず、今までのマークX“G’s”からたったの25万円しか高くなっていないのですからもっと驚きです。

足回りやボディ補強などに加えて、カボーンルーフ化とG’sの進化はとどまるところを知らないようです。ちなみにボディ補強や足回りの詳細については下記の関連記事をご参照下さい。

■フツウのセダンがここまで変身! マークX G’sは走りを極めた大人の為のクルマ
https://clicccar.com/2012/12/08/206475/ 

6月8日に販売開始となるカーボンルーフバージョン、250が384万円、350が445万円。事前予約で完売の可能性もありますのでマークX G’sをご検討中の方はお早めに。

■取材協力:トヨタ アムラックス東京
http://www.amlux.jp/index 

(文・写真:北森涼介)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。