ランドローバーがディフェンダーをベースにした新型EVを公開

ランドローバーの中でも最も悪路が似合うディフェンダーは、1990年に登場したクラシカルなモデルです。日本ではメルセデス・ベンツのGクラスがマニアだけでなく、高級車として捉えられているのに対して、ディフェンダーはもっと硬派な、ある意味キワモノ的な存在ともいえるでしょう。ランドローバージャパンでは残念ながら現在は扱っていません。

そんなディフェンダーをEVのベース車として活用し、新型研究車両としてジュネーブモーターショーでも公開されるそうです。300Vのリチウムイオン電池をエンジンの替わりにフロントに搭載し、出力とトルクは70kW(94bhp)/330Nm、航続距離は50マイル以上ですから約80kmになります。

ディフェンダーらしいのが、オフロードでの低速走行なら最長8時間充電せずに走行できることで、荒野や砂漠などに急速充電器があるかは別にして4時間で充電が終了。3kWのポータブル電源だと10時間で充電が完了するとのことです。

EVでもデフロックが備わる4WDであることはもちろん、減速比2.7:1の既存のシングルギアボックスを使い、モーターの利点を活かして発進時から最大トルクを発生させるという、分厚いトルクが必要な悪路に適任なEVに仕上がっています。

しかもテストでは、最大13°の傾斜地で12トンもの連結トレーラーを牽引し、水深800mmの渡河もこなすというタフネスぶり。いつかこうした本格クロカンもEV化される時代がくるかもしれません。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。