Sクラスの風格も身につけた? 新しいEクラスがフォトデビュー

すでにスクープされていたように、新しいメルセデス・ベンツEクラスがフォトデビューを果たしました。

ボディはセダンとエステート、仕立てはエレガンスとアバンギャルドという二本立てとなり、それぞれに特徴的なフロントマスクが与えられているとのこと。

パワートレインは、ガソリンが2.0リッター4気筒から4.6リッターV8まで、ディーゼルは2.2リッター4気筒と3.0リッターV6となり、さらに2.2リッターディーゼルとワンモーターを組み合わせたハイブリッドも用意されます。また、2.0ガソリンエンジンはターボとEGRの組み合わせによるリーンバーンを採用しているとのことです。

さらに注目なのは、ディストロニックプラスをはじめとした先進安全装備。駐車時には四隅のカメラを利用してクルマを俯瞰表示する機能も加わるということです。

完全に新しいフロントへと変身したニューEクラス。そのデザインは、まもなく登場するであろう新型Sクラスのデザインエッセンスも含まれているということですから、新世代メルセデスのファミリーフェイスともいえそうです。

(山本晋也)