メルセデス・ベンツ AMG C63ワゴンにも改良型!マスク一新でフルデジタルクラスタ採用か?

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴンの最強モデルとなる『AMG C63 ステーションワゴン』改良型のプロトタイプをカメラが捉えました。

最大の変更点はフロントマスクです。グリルにはAMGの象徴となるメッキフィンの「パナメリカーナ グリル」が採用される可能性が高く、ヘッドライト&テールライトもLED新グラフィックに。またエアロダイナミクス性能を高めた大径エアインテークやフロントバンパーも新デザインとなります。

室内には「E63」に似たステアリングホイール、最新世代のインフォテイメントシステムを始め、フルデジタルクラスタが予想され、次世代タッチパッドも装備されます。

パワートレインは4リットルV型8気筒ツインターボエンジンがキャリーオーバーされると思われますが、若干の馬力アップも期待出来るかも知れません。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事